2020年6月6日土曜日

小津清左衛門4、長堯、長柱

小津清左衛門長堯(1806~60)、尾州名古屋巾下町、関戸鉄太郎三男寅五郎、長澄の養子となり、和歌山藩御為替組見習拝命し、光三郎と改名、文政八年(1825)、志賀(1809~54)と結婚、文政九年(1826)、五十人扶持、独礼格地士、家督を相続し清左衛門と改名する、文政十年(1827)、江戸店太物店伊勢屋権右衛門から伊勢屋清左衛門に改称、天保五年(1834)、小津清左衛門家と離縁し、関戸家別家初代松下寅五郎信近となる。
小津清左衛門長柱(1811~76)、津の医師筒井孝伯弟貫之助、長堯離縁後、長澄の養子となり、天保七年(1836)、志賀と結婚し後夫となる。志賀は、長堯との子八百を連子、また長堯の妾の子鈴松を養子にし、大坂今橋町、神田七左衛門方へ養子に出す、天保十一年(1840)、家督を相続し、清左衛門に改名し、八十五人扶持、独礼格地士を拝命、徳和村、斎藤弥助妹重との子多賀を実家筒井家に預ける。嘉永六年(1853)、甥の謙之助を入家、筒井家より多賀を引き取る、嘉永七年(1854)、妻志賀死去、安政三年(1856)、謙之助を養子にし八百と結婚、勢之助と改名、安政五年(1858)、大年寄役拝命、勢之助は御為替組見習となり、太郎次郎と改名、長谷川六郎次元経二男益吉を養子に迎え、多賀と結婚し、分家小津権右衛門家を再興する。慶応三年(1867)、大年寄役廃止、明治元年(1868)、太政官会計御用掛、会計附属商法司、明治二年(1869)、八十五人扶持食禄廃止、通商司為替方総頭取、東京通商会社総頭取、東京為替会社総頭取、明治四年(1861)、家督を譲り隠居、與次兵衛と改名。
 清左衛門長柱は、長澄長女志賀が長堯と離婚後、連子で結婚し、妻死後に義子八百に婿養子を迎え清左衛門の家督をつがせている。また斉藤重との子多賀は、長谷川家より養子をもらい、分家を再興している。また、長柱日記が残されています。(小西)
松阪市、小津清左衛門長柱日記
https://www.city.matsusaka.mie.jp/site/culture-info/chochunikki.html

2020年6月4日木曜日

小津清左衛門3、慈源、長澄

 小津慈源(1759~1843)、津八町、医師筒井孝伯長女由賀、小津清左衛門長保(1753~94)と結婚、喜賀と改名、天明元年(1781~81)長女新治、天明二年(1782~82)二女、天明五年(1785~94)三女八十、寛政四年(1792~1863)四女登美(久満)、寛政五年(1793~99)長男太郎次郎(長年)、登美以外いずれも早世。夫の死後、慈源と改名し、長男長年は二歳で家督相続、後継人になるも早世したため、女戸主となる。
 寛政十二年(1800)、北勢神戸駅、小津喜右衛門の周旋を以て亀山領大岡寺村萬福院琴平太神御遷座、当家の鎮守神となし家内安全商業繁栄の祈願をなす。
 松坂、養泉寺に筆写した正法眼蔵を奉納する。
享和元年(1801)、実家筒井家から孫三郎(兄朴庵の二男)を養子にし、新五郎と改名する。
享和三年(1803)、慈源、江戸本町四丁目沽券状に豊次郎事清左衛門と名乗る。
文化二年(1805)、操綿問屋行事役を務め、大坂の操綿問屋の申し入れには、大黒屋惣兵衛と名乗る。
文化三年(1806)、四女登美と養子新五郎と結婚させる。
文化四年(1807)、江戸店々の法規を定め、新五郎家督相続し清左衛門長澄となる。
小津清左衛門家は、この頃男子に恵まれず、跡取りに困惑する時代です。
分家小津権右衛門家は、小津三十郎家より夫婦で養子に迎えたり、森嶋家は、別家(元江戸店支配人)を養子に迎えています。
 小津清左衛門長澄(1785~1863)、津藩医師筒井朴庵二男孫三郎、享和元年(1801)、伯母慈源の養子となり、新五郎と改名する。
文化三年(1806)、清左衛門長保四女登美(久満)と結婚し、文化四年(1807)、家督相続し清左衛門に改名する。五十人扶持を仰せつかる。
茶道を妻久満と共に裏千家十代認得斉に師事する。また十一代玄々斎にも学ぶ。本居春庭(1763~1828)に和歌を学ぶ。
文化十年(1813)、十組下り傘問屋株取得、文化十三年(1816)、十組真綿問屋株休業。文政三年(1820)、長男熊之助(1812~20)早世。文政四年(1821)、服部芳太郎女登志(1804~46)を養女に迎え、殿村佐五平嫡子佐市方へ嫁ぐ。文政五年(1822)、本居春庭長男源之助(1804~52)を養子に迎え、御為替組見習を拝命するが、同年不縁する。不縁後、小津久足(1804~58)の後見で本居宣長の家名を継ぎ本居有郷(本居宣長の孫)となる。
文政六年(1823)、和歌山藩銀札役所御用拝命、熨斗目肩衣着用御免、独礼格地士拝命。
文政九年(1826)、養子長堯(1806~60)に家督を譲り、隠居し與次兵衛と改名する。
天保五年(1834)、長堯家内不和合にて不縁とし、和歌山藩御用を再勤する。
母の実家筒井家より、貫之助(長柱)(1811~76)を養子に迎え、天保七年(1836)、長女鹿(志賀)(1809~54)の後夫になり、天保十一年(1840)、家督を譲る。
 長澄も跡取りに困惑している。長男が早世したため、長女鹿(志賀)に婿取を計画するが、最初の夫候補、本居春庭長男熊之助とは相性が悪かったのか不縁し、名古屋の関戸家から長堯を夫に迎えるが家内不和合で不縁、筒井家から長柱を後夫に迎えるが、志賀との間には子はなく、長堯との子二女八百と結婚させ跡取りにしている。(小西)
清左衛門家と本居家の関係 

2020年6月1日月曜日

小津屋清左衛門2.長郷、長保、長年

 小津清左衛門長郷(1720~55)は、寛保元年(1741年)、父長康の死去により家督を相続します。寛保二年(1742年)四月、津堀川の松田甚十郎女安と結婚しますが、寛保三年(1743年)八月、長男新五郎を出産し、十一月に妻安は亡くなります。延享三年(1746年)十一月十一月、長男新五郎も早世します。
 寛延元年(1748年)十一月、江戸本町四丁目北側東角屋敷表口京間八間を金二千五百五拾両で勢州白子町の次兵衛から譲り受けます。
 寛延三年(1750年)十一月、津八丁の鈴木多兵衛女音羽と再婚します。宝暦三年(1753年)四月、次男安次郎が生まれます。
 宝暦三年(1753年)十一月、紀州藩大年寄格に仰せつけられ、宝暦四年(1754年)正月、御紋提灯を預り苗字帯刀を許されます。三月、度々御用金差出候ニ付大年寄格食禄十五人扶持、宝暦五年(1755年)三月、江戸表に於いて御為替組御用を拝命します。八月に亡くなります。
 小津清左衛門長保(1753~94)は、宝暦五年(1755年)十月、父長郷の死去により家督を相続しますが幼少のため祖母貞円(玉)が後見となり、代勤は甚兵衛が行います。
 安永六年(1777年)、継松寺に韓天寿銘文の銅香炉を寄進。韓天寿は、中川長四郎天寿(1727~97)のことで、書家、画家、御為替組御用を務めた江戸・京都・大坂に両替店を持つ中川清三郎家六代目当主です。 
証文之事(部分)天明四年六月
天明四年(1784年)六月、江戸本町四丁目の店子、勢州山田一ノ木の御師大橋又太夫から居宅建家、土蔵、名題・株式など奉公人ともども金四千百五十四両で譲り受けます。「証文之事」の宛先は三好太郎次郎で、これは先祖三好隼人祐長年の三好をとり、太郎次郎は創業者小津清左衛門長弘の幼少名で、店名を大橋屋太郎次郎、また寛政五年(1793年)五月に生まれた長男に太郎次郎と名付けています。 
株札
寛政二年(1790年)十一月、地士帯刀御免、食禄四十人扶持となり、與次太夫と改名。代勤は、手代彦助。寛政三年(1791年)五月、正米問屋元締を命じられ、帯刀免許念頭御目見えの節は熨斗目着用が許され、仲間の上座となり、殿村佐五平家と共同で金二万五千両を上納します。

 「証文之事」「株札」は小津史料館に展示しています。
株札には、「大傳馬町壱丁目 小津与次太夫㊞」と墨書と印が押されています。
 
 小津清左衛門長年(1793~99)は、寛政六年(1794年)二月、父長保の死去により家督を相続しますが幼少のため母慈源(由賀、喜賀)が後見となり、代勤は間宮彦助が行います。十二月、御為替組最上席となり、寛政八年(1796年)、正米問屋御用を拝命しますが、寛政十一年(1799年)九月に早世します。(小西)

2020年4月3日金曜日

小津屋清左衛門1.長弘、長生、長康

小津屋清左衛門 承応二年(1653年)八月九日開業、大傳馬町一丁目
 創業者、小津清左衛門長弘(1625~1710)は、寛永二十年(1643年)、大傳馬町名主佐久間善八の紙店に斉藤清左衛門として勤めます。
 承応二年(1653年)八月九日、井上仁左衛門紙店を金百三十両で譲り受け独立、小津屋清左衛門紙店を開業します。元手金は、小津三十郎宗心(1617~1705)の紹介で小津三郎右衛門道休(1612~88)から金二百両を借り、家印ウロコキュウと小津屋の屋号の使用を許され、店名を小津屋清左衛門とし、斎藤から小津清左衛門と改名します。この時の店は、佐久間善八屋敷表口三間、奥行二間で、佐久間善八の店子となり店賃を毎月支払ます。奉公人には、弟長兵衛(1633~60)、弟七郎右衛門(1644~74)が働きますが若くして亡くなります。結婚して郷里、松坂西町二丁目に戻ります。
 延宝五年(1677年)正月、東隣の薬種店大坂屋八右衛門の空き店表口二間を金十五両で譲り受け店を拡張します。
「定」戌六月 写し
延宝六年(1678年)正月、子供がいなかったため弟小津孫太夫の長男亀太郎(1675~82)を二十歳で家督を相続することで養子にしますが早世してしまいます。
 貞享元年(1684年)五月、相続候補がなくなり、小津三十郎宗心の跡取りとなっていた弟小津孫太夫は離縁し、小津清左衛門家の家督を相続、小津清左衛門長生と改名。
 貞享三年(1686年)、長弘は隠居し、玄久と名乗り、元禄七年(1694年)六月、掟書「定」七ヶ条を定めます。小津史料館に展示しています。
 小津清左衛門長生(1638~1710)は、貞享三年(1686年)八月、松坂西町二丁目から松坂本町に住居を移します。次男長之助(1655~1731)を分家させ、元禄十一年(1698年)四月に開業した木綿店伊勢屋を任せます。三男新五郎(1681~1741)に、小津清兵衛道生三女玉を迎え結婚、宝永七年(1710年)、小津清左衛門家の家督を譲ります。三女千代(?-1736)は、小津七郎兵衛浄喜と結婚し森嶋家を存続させます。四女常(?-1713)は、小津三十郎家の常州土浦、醤油問屋小津小右衛門に嫁ぎます。宝永三年(1706)九月、佐久間善八屋敷表五間を金二千八百両で佐久間善八から譲り受け、家持となります。
 小津七郎兵衛浄喜、元禄十四年(1701年)、支配人七郎兵衛は、退役し仕分金九百六十一両三歩十匁二分五厘をもらい別家となります、享保十九年(1734年)に本家の命により千代と結婚し、森嶋氏を継ぎ小津姓となります。勢州山田八日市場村、寺田喜右衛門二男。
 小津清左衛門長康(1681~1741)は、玉(1692~1762)と結婚したので、江戸店持の小津清兵衛家、小津三四右衛門家、小津次郎右衛門家などと親戚となります。正徳三年(1713年)、掟書「定」十二ヶ条を定め、「江戸店開基之図」を記します。享保十四年(1729年)、大年寄役を仰せつけられます。長女円(1709~40)は、小津清右衛門正啓と結婚し森嶋家を守り、二女谷(1713~31)は小津次郎左衛門信業へ嫁ぎ、三女由良(1716~35)は小津次郎兵衛へ嫁ぎ、長男新五郎(1720~55)は家督を相続し清左衛門長郷と改名します。
 享保十六年(1731年)秋、養泉寺に地蔵堂建立。享保十八年(1733年)六月、江戸深川称名院へ墓地を寄附。
 元文四年(1739年)、勢州山田萗恩寺を買求めて修理を加え移築、養泉寺の末寺、長松寺とし、昌山玄久居士を開基とし、信仰の三尊の菩薩を本尊となし若くして亡くなった三人の娘の菩提を回向します。元文五年(1740年)、紀州高野山大師堂、上総の鹿野山に永代祈祷料を納め、江戸店の隆昌を祈祷。
 妻玉は、宝暦五~六年(1755~6年)、長男長郷菩提のため城州山崎安養院へ常念仏喜捨金二百両、宝暦六年(1756年)、紀州高野山金堂へ大香炉を寄進します。宝暦十一年(1761年)九月、「本店掟書」を定めています。
 小津新兵衛保教(1672~1733)、正徳六年(1716年)正月、支配人新兵衛は、退役し仕分金五百両と小津の屋号をもらい別家として松坂中町に住み、紀州湯浅村出身の干鰯問屋湯浅屋に出資し、後共同経営者となっています。勢州須賀村、中西喜右衛門二男。著名人は小津新兵衛家には、西荘文庫で知られる蔵書家、紀行家、小津久足、東大教授でシェイクスピア研究の小津次郎、その分家小津新七家には、映画監督の小津安二郎がいます。(小西)

2020年4月2日木曜日

庄内藩 慶応四年(1868年)

慶応四辰年二月
「預申入金子之事」は小津史料館に展示しています。
小津清左衛門長柱(1811~76)が、慶応四年(1868年)二月に酒井左衛門尉、庄内藩十一代藩主酒井忠篤(1853~1915)に上納金三百両の証文。差出人勘定組頭佐藤忠助、木部謙蔵、郡代疋田弘右衛門、奥書は家老松平権十郎、松平親懐(1838~1914)。

翻刻
預申金子之事
一金三百両也
左衛門尉勝手向就要用借用被申候処
実正ニ御座候、返済之儀月壱割之利足
相加、当十二月限庄内為登金を以元利
無相違可致返済候、為後日証文仍如件
            酒井左衛門尉内
              勘定組頭
  慶応四辰年二月      佐藤仲助㊞
              勘定組頭
               木部謙蔵㊞
              郡代
               疋田弘右衛門㊞
      小津清左衛門殿
前書之通相違無之候、以上
             家老
              松平権十郎㊞

清左衛門長柱は、紀州藩御為替組御用、大年寄を勤め戦の準備をしますが松坂では戦は起こらず、慶応三年(1867年)四月、大年寄役が廃止されます。慶応四年(1868年)四月に、代勤前川善三郎が京都に於いて太政官会計御用掛りを拝命、明治元年(1868年)九月に、代勤前川仁兵衛が東京に於いて会計附属商法司を拝命、明治二年(1869年)、紀州藩改革によって地士食禄八十五人扶持が廃止されます。
 江戸では、慶応四年(1868年)三~四月、幕府は新政府に江戸城を明け渡します。(無血開城)、七月に江戸を東京に改称し、九月に明治元年となり、天皇は京都を出発し東京に行幸しました。
 庄内藩は、慶応三年(1867年)、藩政改革などで藩論を佐幕派で統一します。十二月、「酒井なければお江戸はたたぬ、おまわりさんには泣く子も黙る」と呼ばれた江戸市中警備の庄内藩新徴組は江戸三田の薩摩藩邸の焼討事件を起こします。慶応四年(1868年)五月、奥羽越列藩同盟を結び、新政府軍と戦いますが、九月に降伏し開城します。十二月、酒井忠篤は改易になり、明治二年(1869年)九月には罪を許されます。家老の松平権十郎は、大内藩(庄内藩から改称)の大参事となり、藩内に洋学所を開設しています。(小西)

2020年4月1日水曜日

廻船問屋 角屋(松本)七郎次郎と松本陀堂

菱垣廻船問屋は、大坂で寛永元年(1624年)、泉屋平右衛門がはじめ、寛永四年(1627年)、毛馬屋、富田屋、大津屋、顕屋、塩屋が開業しています。
 江戸では、御伝馬役馬込の配下だった、寛永二年(1625年)赤塚屋、寛永三年(1626年)升屋、寛永七年(1630年)久保寺ら伊勢国出身者が木綿問屋を開業しています。
 勢州松坂では、角屋七郎次郎忠栄(松本)(1574~1644)が、廻船問屋を開業します。長男忠祐(1608~91)は、松坂湊町に住み廻船問屋を継ぎます。
 二男栄吉、角屋七郎兵衛栄吉(1610~72)、朱印船貿易を行いますが、寛永十年(1633年)鎖国令のため安南国会安(ベトナムホイアン)に永住します。安南の「柳条布(りゅうじょうふ)」が輸入できなくなり、その柄をまねた松坂木綿が、後に松坂嶋と呼ばれ江戸で流行します。
 三男栄信、角屋九郎兵衛栄信、堺に移り、廻船問屋、鰯屋を開業します。
 本家角屋七郎次郎忠祐(1608~91)は、子供がなく養子有久は本家を継ぎ、 養子久林は別家松本六郎次郎久林、初代となり松坂中町に居住し木綿・茶・薬種を扱い江戸店も開業します。
 二代目松本六郎次郎賓秋(松本陀堂)(1673~1751)は、久林の二男で跡を継ぎますが、外科医、本草学者で、徳川吉宗(1684~1751)の改革、享保二年(1717年)、幕府は日本中の本草学者を江戸に集めて医薬の興隆をはかっており、大陸原産の高麗人参不足の解決が問題となっていました。松本陀堂は、享保五年(1720年)に和気で和人参を発見し「熊野直根」と名付けます。長男大慎も外科医となったため、松坂町奉行同心久世定右衛門兼由長男友八が養子となり跡を継ぎます。
 三代目松本陀堂守善(?~1804)、兼由長男友八、江戸店を閉店し、松坂で薬種業を営む
 四代目松本陀堂敬信、兼由三男義一、小津清左衛門から借用。
 久世定右衛門鉄次郎、兼由二男弥一郎
 
 小津清左衛門長澄(1785~1863)は、津藩典医筒井朴庵順一二男で、享和元年(1801年)、伯母慈源の養子となり、文化四年(1807年)十月、家督を相続し清左衛門と改名します。和歌を本居春庭(1763~1828)に学び、茶道を、裏千家認得斉(1770~1826)、玄々斎(1810~77)に学んでいます。
 長澄は、文化十年(1813年)六月、「一札之事」松本陀堂に金三十両を貸しています。差出人は、松本陀堂、久世弥一郎、服部三郎右衛門の三人。
 また、同年七月、下り傘問屋御鑑札、株札を取得します。
 菱垣廻船問屋は、江戸十組の荷を運んでいます、紙は大坂から、木綿・茶は白子や松坂大口湊から運ばれています。江戸には霊岸島で荷を降ろし、艀船で日本橋まで運ばれています。
 
 江戸十組薬種店、鰯屋は、勢州松坂、松本家と関係があるようです。(小西)

2020年3月30日月曜日

十組鰹節・塩干肴問屋 文政七年(1824年)

小舟町には、西堀留川に面し、鰹河岸があり問屋が多くありました。この川は現在埋め立てられ、ビルが立ち並ぶ、小津商店所有のキュロコ小津ビルは、そのなかの一棟。
川の反対側に米河岸があり、伊勢町に米問屋が多くあったが、現在は、昭和通りの一部となっている。
絵図は、俚俗江戸切絵図 喜多川周之図 有光書房の一部分です。原図は、日本橋北尾張屋版です。

「江戸買物獨案内」文政七年(1824年)の復刻本を小津史料館に展示しています。
江戸買物獨案内 十組 濱吉組 鰹節・塩干肴問屋 21軒
掲載順
1.尼屋傳次郎、麹町二丁目
2.伊勢屋次右衛門、日本橋元四日市
3.遠州屋傳兵衛、小舟町二丁目
4.遠州屋新兵衛、小舟町三丁目
5.伊勢屋伊兵衛(高津伊兵衛)、日本橋瀬戸物町、勢州四日市
6.住吉屋武兵衛、日本橋元四日市
7.村田屋伊兵衛、小舟町二丁目
8.大坂屋武兵衛、小舟町三丁目
9.伊勢屋武右衛門、日本橋通二丁目
10.鎌倉屋庄兵衛、日本橋元四日市
11.相模屋忠左衛門、日本橋四日市下町
12.虎屋彌三郎、小舟町三丁目
13.榎坂屋卯兵衛、小舟町三丁目
14.住吉屋伊兵衛、小舟町二丁目
15.大橋太郎次郎(小津清左衛門)、本町四丁目、勢州松坂
16.栖原屋平八、日本橋青物町、紀州
17.油屋勘兵衛、小舟町三丁目
18.伊勢屋善兵衛、小網町二丁目
19.丸屋喜三郎、日本橋釘店
20.丸屋治郎兵衛、日本橋室町一丁目
21.丸屋源三郎、日本橋室町一丁目

小津清左衛門の店は、15番目の大橋屋で紙・茶・鰹節の十組問屋株を持ち営業しているが、本店小津屋は、嘉永四年(1851年)三月、株仲間再興令の時には鰹節問屋株を取得していたようである。江戸店支配人から清左衛門や別家個人へ塩鮭が贈答として送られている。(小西)