2021年4月2日金曜日

伊勢商人、土浦醤油屋仲間

 常州土浦に伊勢商人が元禄以前から商売をしています。

小津三十郎家 勢州松坂本町小津清左衛門家右隣 土浦中城町 小津屋小右衛門

初代、伊勢松坂の江戸店大伝馬町太物店小津屋三郎右衛門(本居宣長の祖祖父の店)の最初の支配人小津三十郎宗心が独立して土浦中城町に太物店(木綿店)を出したようです。二代、三十郎の店の最初の支配人小津孫大夫、妻は、三十郎の妻と姉妹で、小津三十郎の跡を相続し、延宝三年に大伝馬町に太物店小津屋小右衛門を開業します。しかし、貞享三年、兄小津清左衛門長弘の家督を相続するため離縁し小津清左衛門長生となります。三代、小津三十郎家は、二代目支配人小津小右衛門専久が家督を継ぎます。妻は、小津孫大夫の四女常で、夫婦とも土浦で亡くなっています。四代、その子小津小右衛門泰広は、享保十二年、土浦大川通田地(川口町)に屋敷を建築します、その頃に醤油屋小津屋小右衛門を始めたようです。宝暦十一年に土浦で初めての醤油屋仲間に大黒屋勘兵衛(大國屋)らと一緒に参加しています。文化六年に小津清左衛門から金八百五十両を借用、文化十五年に土浦の南川口屋鋪を森嶋家の小津庄八に譲渡しています。文政十二年頃に醤油醸造業は廃業しています。森嶋家は小津清左衛門家の本家にあたります。

小津茂右衛門家 勢州松坂本町 土浦中城町 小津屋茂右衛門

初代、小津屋小右衛門専久の孫、小津藻右衛門現光で、大伝馬町の小津屋小右衛門を相続し、土浦中城町に醤油屋小津屋茂右衛門を開業しています。菩提寺は土浦の済岸寺です。二代、現光の長男、小津茂右衛門宗貞は、明和二年、土浦醤油屋仲間に加入しています。小津屋茂右衛門は、小津屋小右衛門の別家となっています。三代、小津茂右衛門智貞は、大傳馬町小津屋三四右衛門定利(本居宣長父の店)に奉公の後養子になった松坂博労町信證浄悦の長男。四代、智貞長男が小津茂右衛門教遊となります。五代、小津茂右衛門常栄は、養子で当家実子輿七、大伝馬町の木綿店長谷川次郎兵衛に奉公その後養子となり土浦で亡くなっています。六代、小津茂右衛門養貞は、養子で土浦の白井要右衛門男佐助。七代、小津茂右衛門慶友も養子で常州柴崎の片岡勝平男宇八。文化十一年、丹波屋(長谷川次郎兵衛)が、醤油屋仲間に茂右衛門分として支払っています。製造、茂右衛門で丹波屋が販売を行っていたため援助したと考えられます。実質は丹波屋長谷川次郎兵衛(松坂)が経営したと思われます。八代、小津茂右衛門浄香は養子久米村の太田長右衛門七男忠七。長谷川次郎兵衛の大伝馬町向店長谷川屋次郎吉に奉公しています。九代、小津茂右衛門清入は、養子濱田徳入二男です。この頃に松坂に住居を移したようです。

長谷川次郎兵衛家 勢州松坂魚町 土浦中城町カ 丹波屋

七代、長谷川次郎兵衛元美、文化十一年に小津茂右衛門分丹波屋兵蔵、文化十二年丹波屋平兵衛、文化十三年丹波屋吉蔵、文政二年丹波屋惣三郎、文政三年丹波屋忠三郎代弥七、文政三年まで小津茂右衛門分として醤油屋仲間に併記されています。八代、元美長男、長谷川次郎兵衛元貞の時、文政六年に柳屋弥七とあります。丹波屋は支配人の名と思われ柳屋も同様に支配人か別家のようです。文政八年に丹波屋は土浦店を休店しています。江戸大伝馬町に五店舗があり。松坂では小津清左衛門、三井則右衛門、三井宗十郎、長井嘉左衛門らと紀州藩御用を勤めており、藩札にも名前が記載されています。

国分勘兵衛家 勢州射和村(志摩鳥羽藩領) 土浦田宿町 大國屋勘兵衛

四代、国分勘兵衛元隣(宗山)は、冨山家の江戸本店大黒屋に奉公し、享保元年、江戸日本橋に呉服店大國屋を開業、正徳二年、土浦田宿に醤油醸造所を建設、享保十一年、大國屋勘兵衛、醤油初出荷。五代、元隣三男、国分勘兵衛元繁のとき、宝暦六年、呉服店を廃業、宝暦十一年に土浦醤油屋仲間に参加しています。八代、国分勘兵衛信親、養子竹川彦太郎政信三男は、製茶事業を始め、明治十一年、醤油醸造業を廃業し、食料品販売問屋に転業しています。明治十二年に大久保武右衛門に醤油醸造業を譲っています。

参考図書

土浦市史資料「中城町御用日記」2013、土浦市史編集資料第4篇「醤油屋仲間證文帳」1968、「松阪市史 第十二巻」、小津家文書ほか(小西)

2021年1月23日土曜日

小津屋の規則

 (商体規定集 十七ヶ条) 巳三月(天保四年)

小津屋の規則は、戌六月(元禄七年)の「定」(七ヶ条)が最初で度々改められています。天保三年には、文政七申秋に再改十七ヶ条に去亥ノ秋新法一ヶ条(一金銀出入者其年御目代預リ之事)が改めらています。

前文に善吉様御儀、年来無御故障被成御勤候ニ付、今般首尾能御退役被蒙仰、跡御支配役御順当久蔵様被為仰付候段、善吉は天保三年八月小津屋印形改、久蔵は、天保五年十月店預り人になっています。このことから巳三月は、天保四年とわかりました。

1.一金銀出入者其年御目代預リ之事、御目代は、支配人を退役後、別家(老分)となったものから半年の任期で江戸店に勤め御店を監視する、御隠居様と呼ばれた存在です。任期終了後、松坂本家店に戻り、支配人と一緒に小津清左衛門に半期の勘定(決算)を報告します。現在の監査役の立場に似ています。

2.一御支配人、支配人は、現在の社長で、小津清左衛門は、全株式を持ったオーナーで松坂から指示を出していました。小津屋の土地家屋鋪も小津清左衛門の所持で家賃収入を得ています。他店にお金を貸す場合は、利息等は小津屋の収入となることもあります。昭和四年正月に小津清左衛門は、合資会社小津商店と設立し、別家、現業社員に株式を譲り社員経営の会社となりました。

3.一三帳場之事

4.一荷合之事

5.一若衆昼夜共他出之節帰店之定では、帰店昼七ツ限、夜分ならハ、箱提灯為持、四ツ限急度帰店とあります。昼七ツ時は、午後四時で、四ツは、午後十時までに従業員は、店に帰る事を定めています。夜でかけは、吉原は決まった店があり、つけで遊んだようです、また子供衆は、近所に寺子屋があったので勉強をしていたと思われます。明治頃には、支配人や目代は、御店に住み込んでいません、近隣に社宅または自宅から出社しています。この時、支配人は独身、目代は単身赴任です。

6.一五節句ニ季通リ之事

7.一売場月両度廻リ方之事

8.一紙綿仲間行事役之事、紙問屋、繰綿問屋が主な商いでした。

9.一在勤之内金銀借用一切不相成事

10.一五節句御店休日隔番他出之事では、五節句(1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日)は、御店の休日で、当番の者が店に残ることを定めています。休日諸参詣とあります。五節句の式日は、政府から明治六年に廃止されています。この時は、曜日がありませんのでその他の休日は、個別の病気や年季奉公明けの実家への帰りなどです。

11.一時貸小貸一切不相成事

12.一月両度御店会談念可被入事

13.一人請金受一切口入事堅無用之事

14.一若衆登リ節衣類之事では、年季奉公は、請状之事(雇用契約書)で、七年や八年契約などがあり契約が終わった時(19~22歳)、はじめて実家に帰ることができます。初登り(はじめての里帰り)はゆかたと定められています。衣服や路銀(旅費)は、御店から支給されます。二度目からは木綿、合羽など流行のものを自由に選んでいいが身分相応の衣類と定めています。

15.一見勢帳当座帳帰りもの消印之事

16.一御店在勤中衣類之事では、一ツ紋羽織ハ支配人限リ、差次(支配人代理)よりハ紋附羽織不相成候、紋付羽織は支配人のみで差次以下は、着用しないことを定めています。この頃、紋付羽織が流行っており他の店では、奉公人が着用しているが当店は支配人だけと定めています。また奉公人は、夏物のかすりや薩摩嶋も着用を禁止しています。

17.一酒之事では、御得意様と酒を飲む場合は、自分は禁酒と進められても断るように定めています。酒は諸悪の元にて自然に心乱れ、不忠不義になるので在勤中禁酒するように、しかし近頃、若衆には大酒呑みがいると聞こえるので今後必ず慎むようにと定めています。

御店御家風規矩破れ去ル年金六、栄助、忠七抔之類、不忠不孝人外可申歟、規則を破った者の名も記載されています。

金六は、松坂本町、長谷川吉右衛門養父喜助伜で小津屋に奉公し、文政五年六月、小津屋清左衛門店支配人を退役し、小津重の養子となり小津小右衛門家へ入ります。小津小右衛門家は、土浦店で醤油醸造を行っています。文政十一年五月に、江戸店在勤中の不埒が発覚し、不縁の話がでますが、土浦店の手代や別家(小津茂右衛門ら)の嘆願で保留となります。しかし、土浦店醤油醸造も失敗することとなり天保三年六月、不心得のため小津三郎兵衛跡式を相続前に離縁されています。小津小右衛門家は、小津三十郎宗心を祖とする店ですが、小津清左衛門の縁戚であるため面倒を見ています。小津重は、この時、小津庄八(森嶋家、小津清左衛門の祖)の後家で女戸主となっており、実弟の故小津三郎兵衛(小津小右衛門家へ養子)の家も面倒を見ていました。土浦店の整理には小津清左衛門が面倒を見ています。この頃、土浦の醤油醸造は、松坂の丹波屋(長谷川次郎兵衛)も挫折しています。成功した店は、大國屋勘兵衛(国分勘兵衛)で、現在に至っています。

翻刻は、中央区文化財調査報告書第三集 中央区旧家所蔵文書に掲載されています。(小西)

2020年11月11日水曜日

江戸町年寄 樽与左衛門

 江戸町年寄樽与左衛門 樽屋 拝領屋敷本町二丁目 初代は徳川家康の家臣水野康忠

 十二代樽与左衛門(延享三年~文化十一年十二月二十九日、享年六十九歳)は、養子播磨出身岩崎善右衛門で、寛政二年、樽の名字帯刀を許され、天明五年十二月に十一代与左衛門が隠居したため町年寄になり家督を相続します。

文化三年十一月二十五日、御用金徴収のため大傳馬町木綿問屋らを呼出し出金を強要しています。小津清左衛門は御用上納金三千五百両を、文化三年十二月金千両、文化四年五月金千両、九月金千五百両と三回に分けて納めています。(小津史料館展示)

文化十一年十二月二十九日、樽与左衛門は、貸付金引負で自殺をします。その後町奉行の吟味が行われましたが、内密にされ樽屋は守られました。樽与左衛門は、紀州徳川家など御用金を貸付ており返済してもらえず自殺したようです、その後幕府が取立ています。

小津清左衛門は、町名主馬込勘解由にも貸付ており、勘解由は、宇都宮藩に貸付ています。

小津清左衛門も紀州藩御用金を両替商升源に金三千両を貸し付けています。(小津史料館展示)、御用商人である小津清左衛門は紀州藩の御用金の運用采配は自由にまかされていました。

町年寄は、本町一丁目奈良屋市右衛門、本町三丁目喜多村彦右衛門、樽屋の三人が世襲しています。喜多村家でも貸付金引負で町年寄を退役など謹慎処分を受けています。(小西)

2020年11月6日金曜日

伊勢商人の由緒書

 幕府や紀州藩の御用商人は、由緒書を提出しています。

松坂の小津清左衛門家は、五代長康が享保十四年松坂の大年寄役、六代長郷が、宝暦三年十一月、大年寄格式、宝暦四年正月、紀州藩御紋提灯を預り苗字帯刀を許されています。このころに紀州藩に提出したと思われます。由緒書では、先祖は、山城国守護代三好長基の子三好隼人祐長年となっており兄が摂津国守護代三好長慶となります。しかし史実では確認することはできません。七代長保が江戸本町四丁目大橋屋を譲り受ける証文に三好太郎次郎殿とあり始めて三好を使っています。大橋屋は伊勢御師の大橋又太夫の店でその土地は小津清左衛門所有の土地だったため家賃をもらっていた関係から名跡、店、従業員をそのまま引き継ぎ、大橋屋太郎次郎とした店で向店と呼ばれていました。その後三好家に関するものは、三好家の家紋を屋根瓦の一部に使っています。三好長基の菩提寺、堺の顕本寺に寄進やお参りにいった記録は見つかっていません。十代、十一代清左衛門は紀州藩地士八十五人扶持。

松坂の本居宣長家は、先祖は、蒲生氏郷の家臣本居武秀で一緒に会津に移り九戸政実の乱で討死にしています。しかしその息子は松坂でうまれ小津を名乗り商人を始めています。宣長は、寛政四年に紀州藩御針医格五人扶持になっています。そのときに由緒書を調べたようです。父、義兄まで商人でしたので小津を名乗っています。後十人扶持。息子春庭は失明したため弟子の大平を夫婦で養子に迎え、和歌山で紀州藩医師、侍講などを務めています。

射和の竹川彦左衛門家は、先祖は、小谷城主浅井亮政の子浅井友政で、兄弟浅井久政でその子は浅井長政になります。織田信長の戦いで敗れた久政、長政親子は天正元年に自害しています。友政は、天正元年に商人となり、天正四年に竹川を名乗るのようになっています。七代彦左衛門正秀は江戸幕府御為替組に加入しています。このころ由緒書を提出していると思われます。射和は鳥羽藩ですので鳥羽藩諸士格となっていますので鳥羽藩にも提出しています。竹川家は両替店を本店に絹物店、太物店、醤油店、酒店、荒物店など多岐に江戸、京都、大坂に出店しています。十六代彦左衛門の養子は、竹川から浅井に改姓し、浅井公政を名乗ります。(小西)

2020年8月27日木曜日

小津和紙(株式会社小津商店)の創業記念日

 小津和紙(株式会社小津商店)の創業記念日 

小津商店の創業日は、承応二年八月九日です。創業者小津清左衛門長弘は小津本館ビルが建つこの地で紙店小津屋を創業しました。旧暦ですので1653年8月9日は、新暦9月11日になります。創業367周年。

創業したとき、大伝馬町一丁目(現在は日本橋本町三丁目)は、伝馬役を兼ねた名主佐久間善八、伊勢商人の太物店(木綿店)や絹店が多くありました。

小津清左衛門長弘は、開業資金を同郷松坂の太物店小津屋三郎右衛門道休から借り井上仁左衛門の紙店をそのまま譲り受け創業しています。店は間口三間奥行二間と小さく佐久間善八に家賃を支払って営業します。その後、川越の人を妻に迎え、一緒に松坂に帰っています。

小津商店の設立記念日は、一月五日です。昭和四年一月五日に合資会社小津商店が設立され小津清左衛門家は株を持たず本店現業の支配人やOBの別家が株を持ち、社員経営に変わりました。 設立91周年。(小西)

2020年8月22日土曜日

大伝馬町一丁目 明治二十五年

 大伝馬町一丁目 明治二十五年 全国商工人名録

北側西

1番地 小津清左衛門 紙問屋、繰綿問屋

2番地 伊勢屋 小津清左衛門 木綿問屋

4番地 石崎藤助 紙問屋

5番地 川喜田屋久太夫支店 木綿問屋、繰綿問屋、糸問屋

6番地 伊藤屋利助 木綿問屋、繰綿問屋

7番地カ 外村吉兵衛店 糸問屋

8番地 大和屋 長井九郎左衛門 木綿問屋

10番地 丹波屋 長谷川次郎兵衛 木綿問屋、繰綿問屋

南側東

13番地 長井利兵衛 茶問屋

14番地 丹波屋 長谷川次郎兵衛 木綿問屋

15番地 綿屋 長井九郎左衛門 木綿問屋

17番地 川喜田屋久太夫支店 木綿問屋、繰綿問屋

18番地 戎屋 長谷川六郎次 木綿問屋

19番地 亀屋商店 長谷川武右衛門 木綿問屋

21番地カ 升屋 久須木七左衛門 木綿問屋

22番地 田端屋商店 田中次郎左衛門 木綿問屋

25番地 佐野屋 吉田丹次兵衛 木綿問屋

25番地 茗荷屋 岡田善五郎 醤油問屋、茶問屋

明治五年頃に番地表記、明治二十年に繰綿問屋仲間が東京紡績を設立している。(小西)

2020年8月20日木曜日

小津清左衛門木綿店

 小津清左衛門の太物店(木綿問屋)は長生の養子先小津三十郎家で家督を相続し二代目当主小津孫大夫の時、延宝三年に大伝馬町に木綿店小津屋小右衛門を開業しています。貞享元年に離縁し兄小津清左衛門長弘の養子となり四代目小津清左衛門長生となり紙店小津屋清左衛門を経営します。

元禄十年頃に紙店の東隣の旅人宿結城屋源兵衛(小津源兵衛)が穀店に転業し伊勢町に転居した明店を譲り受けます。元禄十一年に木綿株を佐久間庄右衛門から譲り受けます。元禄十一年四月に木綿店小津屋清左衛門を開業します。このとき繰綿株も同時に譲り受けたようです。長生はこの店を元禄十四年春に次男小津孫太夫長英に任せます。元禄十七年三月、名主佐久間善八から表拾間の木綿店屋敷を木綿仲間小津三四右衛門、地主惣三郎、小津清左衛門、芝原三郎兵衛の四人が譲り受けます。宝永三年九月、名主佐久間善八から表五間を譲り受けます。宝永七年正月、長生の死後、三男新五郎が家督を相続し五代目小津清左衛門長康と改名します。

木綿店を経営していた小津孫大夫響忍は寛延二年に死去、小津孫大夫家は、六代目小津清左衛門長郷本家により小津三十郎家から夫婦で養子を迎え、宝暦四年頃、小津権右衛門と改名します。屋権右衛門となります。この時繰綿株も取得したのかもしれません。

文化二年、長谷川文書には、小津清左衛門から宝暦四年に木綿繰綿問屋小津屋権右衛門に変わっています。繰綿問屋小津屋権右衛門は二十番組に属し文化十一年に休株、文政二年十一月に伊勢屋権右衛門と改名しています。文政二年から天保十二年までの白木屋文書「問屋株帳」には木綿問屋伊勢屋権右衛門、文政十年二月、伊勢屋清左衛門改名とあります。また繰綿問屋は小津屋清左衛門が筆頭に掲載されています。文政七年の「江戸買物獨案内」でも木綿問屋伊勢屋権右衛門と掲載されています。文化十四年、小津権右衛門浄円死去、この頃に繰綿株休株となり、同時に本店の経営に変わったようです。

嘉永四年、問屋組合再興では旧幕引継諸目録「諸問屋名前帳」木綿問屋では伊勢屋清左衛門が筆頭に掲載されています。その後明治以後は、小津木綿店となります。昭和四年に合資会社小津木綿店となり小津家から経営が離れ社員経営となります。(小西)